もこちゃんペンタキシアン化計画

 天気も良くなく外で撮影が出来ませんので、もこちゃんを「ペンタキシアン」にすることにしました。

 「PENTAXブランドブック」を読まさせます。「これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと」を徹底的に頭に叩き込みます。

しかしちゃんと読んでいます♪偉い、偉い。

 次にAsahiflexを与えます。日本初の一眼レフカメラ、PENTAXの前身である旭光学が造ったカメラです。現在は各社が数多くの製品を発売していますが、日本の一眼レフの歴史はこのカメラから始まりました。

 このカメラは今の一眼レフの様に背面のファインダーから覗くのではなく、上から覗き込んで使用します。ちょうどRICOH FLEXの様な二眼レフと同じ使い方です。

 丁度撮影しているとお辞儀をしている様に見えます。しかし二眼レフを使った方ならお分かりいただけると思いますが、この構造ですと一般的な一眼レフと異なりミラーが一枚少ない為逆像になってしまい中々使いにくいのです。

 ところでカメラの話ばかりでなくドール自慢も一つすると「この俯いたポーズをぬいぐるみドールで保持無しで固定する」のはなかなか難しいと思います。しかしモデルの「はにーどーる もこ」は脚の付け根の回転機構のおかげでこの姿勢が保持できます

 色々な姿勢で座らせて固定できる、もこちゃんを撮影していて気に入っている点の一つです。勿論もこちゃんの一番のお気に入りは、自分でカスタムした少し怒った顔と金髪ですw。

 そんな理由でこのAsahiflexは軍艦部の型部分にレンジファインダーが付いています。少し絞った撮影では目測でピントを合わせて、このレンジファインダーでフレーミングをすれば従来のカメラの様にお手軽な撮影が可能です。

 もこちゃんはカメラを構えさせると凛々しい表情になります。これからも色々なPENTAXのカメラを使って貰いましょう。

■ この写真のモデル等について



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です